地方プログラマーの現状(中小企業)

地方で働く底辺プログラマの現状ってネットに落ちてないので
こんなエントリを書くことにした。
(自分が調べ切れてないだけかも。Mixiとかやってないし)


現状

まともな仕事がない。もちろん上級SEはよく募集をきく。
経験年数が3年未満の自分みたいなひよっこはまったくお呼びでない。


条件が厳しい上に単金は安め。期間も短い。
明らかに火のついたプロジェクトに人を急募している案件もちらほら。


先日先輩がそんなプロジェクトに回された。
カスタマイズの案件だったが納期が3週間後。
ひよっこの自分から見ても無理難題が明らか。
この件をきっかけに先輩辞めるんじゃないかと心配する程。
先輩、辞めるのは自分が先です。


現状ついでに思うことをば

1コ目。
社長の決め台詞が鬼畜すぎる。
「まあ、なんとかなるやろー」
ならねぇって。
目の前の案件に安易に飛びつきすぎ。
人売りIT業ってだけでも叩かれて然るべきなのに
売り方までひどい有様。
これじゃ人も会社も成長しないって。


2コ目。
底辺プログラマって意外とパソコンに疎い。
パソコン好きなんて数えるほどしかいない。
ビル・ゲイツは知っていても、スティーブ・ジョブズは知らない。
彼らにとってプログラムとは良くも悪くも仕事なのだ。
少なくともわくわくするものじゃない。


3コ目。
地方は技術レベルが低い。(これはうちだけかもしれない)
これは2年目にして思ったことだが、地方には技術が無い。
いや、技術が古いと言った方が正しいか。
いまだに10年前のアーキテクチャを流用しているとかザラだ。
コレって普通なのかな。プログラマの友達がいないからわからん。*1

*1:ていうかだれかプログラマ仲間を社外で探す方法を教えてください。