魔法使いになって2年たったけど、頑張って生きている

世の中はいろいろと荒れているけど、田舎では台風の話題が一番のトピックスである。作物がやられたらどうしようもないから。稲は順調に育っているようで、かなりこうべをたれている。僕もやや薄くなった頭をやたらと人に下げている。でも実ってはいない。相変わらず、いない暦年齢の童貞である。魔法はまだ使えない。


身長が低い男の謙虚さは利用される

謙虚さには凄みがなければならない。とにかく僕はなめられて利用されて、社会の割を食う形になっている。見た目が貧相だと、しかも一人だと、世の中は利用しようという輩であふれている。やはり現代社会では、組織に属する意味は大きい。僕は適応できないから無理だけど。
それでも頑張っていればいつかは・・・・・・、と思ってやっているが、信じられないくらい何も無くてつらくてたまらない。温泉いきたい。


植物とか虫の観察

最近の楽しみは(昔からだが)、植物観察である。ついでに虫なども見る。やはり日当たりがよいところの植物は、育ちがいい。だけど日に当たり過ぎると枯れてしまう。もちろん、日当たりが悪すぎると最初から芽が出ない。人間とよく似ている。人間の場合、日当たりではなく、愛情といわれるが、やはり愛情がないと人間は育たないのかなぁと安っぽい思考に流されたりもする。
虫は生きるのに必死な姿がいい。変なドラマをみているよりよほどいい。しかし自然は厳しい。シビアだ。寝ている間に他の虫に食べられる恐れもあるし、人間にスプレーをかけられる可能性もある。
世の中厳しいとはいっても、さすがに、寝ていて襲われる心配は無い。日本は平和だ。


出会いとか全く無いけど

どうでもいいけど、学生カップルが多い。信じられないくらい、遊んでいる。親の巣に住まわせてもらっているくせに、メスを連れ込むとは何事だ。この夏に何人が近所で初体験をしたかさっぱりわからないが、つがいが増えたことは確かであり、僕が童貞のままであることも確かである。
しかも死ぬほど頑張っているのに、金銭面でも報われない。それは結果をほとんど出せていないから、仕方ない部分もあるけど、学生は何であんなに金をもっているのだろう。貧乏カップルを見かけたらそれはそれで、死にたくなるが。


一番ほしいのは健康

魔法使いでもいいから健康ください。体のいろんなところが痛くてたまらない。あらゆるところがブリキのきこりのように痛い。この痛みはどうもオキシトシンが足りないのが原因らしいが、調べてみて増やすのは無理だとわかった。
幸せホルモンのオキシトシンは恋人がいないと増えないという。無理じゃん。しかし点鼻薬がネットで販売されているようだし、この際買ってみようかと思わなくも無い。
ひとまず温泉いこう。赤字だけど、貯金切り崩すことになるけど、温泉いこう。


どうでもいいけどブログ7周年
ブログやっていれば、何かが変わるかも、と思っていたけど、びっくりするぐらい何も変わらない。努力の量が足りないんだろうなとは思う。正直言って、継続すれば何かが変わると思っていたし、童貞がこんなに続くとは思ってなかったし、バイトとかで出会いあるかなと甘い考えを抱いていたけど、現実は、動き出さないと何にも無い。バイト程度ではダメなようである。そもそも若い女がいない。しかも動き出したら餌食にされる。しかし動き出して餌食になったあとも、細々と頑張っていれば何かあるかもしれない。とかそんなところの7周年。