今年も童貞で終わるのか

今年2018年も早いもので残すところあと7日となりました。まだ7日もあると考えることもできますが、年末年始は全て仕事でございます。それでも赤字です。1月1日の朝だけでも休めるよう努力します。そんなことより、全て仕事ということは今年もまた童貞のまま終わりそうであります。もう、一回り年下のイケメンは子どもをつれて歩いております。

毎日、イライラ

とんでもなくストレスがたまる。仕事は、年末など大変忙しいが、もうほとんど収入にならないし、一刻も早く店じまいをしたほうがいい。
あまりに収入がなくて、というかマイナスで、新聞配達でもしたい気分だが、焦ってはならない。と自分に言い聞かせるが、収入がないと、めちゃくちゃ焦る。計算すると、あと数年で貯金がなくなる。
することはたくさんある。しかしどれをこなしても金にはならない。しかし、やらないと、徐々に収入が下がっていく。自営業ってそんな感じ。
徐々に収入が下がると、かなりイライラする。まわりのゆとりっぷりにイライラする。特に爺さんがゆとりだと思う。残業帰りに終電に乗ったら、忘年会シーズンのせいか満員でしかも酒臭いおっさんに舌打ちされて絞め殺そうかと思った。おしゃれスマホケースにイヤホンマイクをつけていたちょい悪ジジイである。政府は老齢年金切り下げろ。段階的に毎年2パーセントでいいからさ。。もう限界だよ。。


同情するなら、金をくれ

ふとニュースで見たが、どこかのNPOがクリスマス、貧しい子どもたちにお菓子と食料がプレゼントされたようである。貧しいおっさんに炊き出しはないものだろうか。いや、ない。おっさんに、プレゼントは無い。
せめて賃貸料を半額にしてほしい。無理か。。政府が非正規家賃半額宣言とかしてくれないの。いやまじで。子ども家庭ばかりに配りすぎだよ。。



三十路半 今年も童貞 つらぬけり

もう僕も気がついたら、しゃれにならないくらい高齢童貞である。冬になり大人のカップルどころか中学生高校生カップルも増えている。僕は一人で街の中を早歩き。できるだけ頭でものを考えないように、目的地へ向かう。
考え出したら発狂してしまうから。
それにしても、人から好かれるってすごいなと思う。人類が誕生してから、誰かを好いて好かれて皆が生きてきて、人類の生命が存続しているようだが、それが僕には信じられない。一体どれだけの幸せがこの世界にあふれていた(いる)のだろうか。
ぼくは人に好かれたことは無い。ネコとかイヌとかには好かれやすいが、人には好かれたことが無い。なぜだろうか。以前このブログコメントでは性格が悪いと必死に説明してくれた人がいたが、まあ男女関係ではそうなのだろう。それにしてもぼくより性格が悪い人はごまんといるように思えるが、彼らは本当はいい人で、僕にだけつらく当たるのだろうか。ただ単にたくましいだけなのか。
いろいろと考えることはあるが、クリスマスに考えても悲しいだけなので、やめる。確実にわかっていることは、今年もまた童貞で終わるということである。浮いた話の一つも無い。
一念発起をした起業もうまくいかず、稼ぎもなく、社会的にも底辺で、誰にも好かれることなくイライラしながら今年が終わる。
まだあと7日あるけどさ。。希望だけは捨ててはならないか。。